もともとアトピー性皮膚炎の治療薬として処方されていましたが、「デリケートゾーンの黒ずみに効く」ということで美容アイテムとして注目されつつあります。
最近ではヒルドイドに似た商品もドラッグストアで販売されていますが、そもそもヒルドイドってどんな商品なのでしょうか?治療薬を、デリケートゾーンに使用しても安全なのでしょうか?
気軽に入手できるようになったからこそ、用量用法をしっかり守って正しく使用しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはヒルドイドで改善できる?

女性の悩みのひとつである「デリケートゾーンの黒ずみ」が、ヒルドイドで改善できると噂されています。そもそもヒルドイドってどんなものなのでしょうか。ここでは、期待できる効果とデリケートゾーンへ使用する場合の安全面について紹介します。

ヒルドイドに期待できるデリケートゾーンの黒ずみへの効果

肌にうるおいを与える

ヒルドイドには「ヘパリン類似物質」が含まれているため、非常に保湿力が高く肌にうるおいを与えてくれます。そのため、最近では美容目的で使われる方も増えており、ドラッグストアでも手軽に購入できるようになりました。「安いのにしっかり保湿してくれる」という点は非常に大きなメリットになっていますが、本来は治療薬として使われているため注意が必要です。

普通の保湿化粧品よりも保湿力が高いことから、アトピー性皮膚炎など極度な乾燥肌の方に適しています。ヒルドイドは保湿クリームの他にローションタイプもありますので、自分に合ったものを使うと良いでしょう。

血行促進で肌をワントーン明るくする

そして、ヒルドイドと言えば「高い美白効果」があることでも知られています。これはうん万円するような高い美容液を使っている方には驚愕の効果で、「デリケートゾーンの黒ずみ改善」として注目されているのはそのためです。
そのうえ保湿効果もありますから、「美白できるのにうるおいも与えてくれる」ということで多くの女性から支持されているのかもしれません。いわゆる、ヒルドイドは「最強のアンチエイジングクリーム」なのです。

美白効果があると言われている理由は、ヒルドイドに含まれている「ヘパリン類似物質」が血行を促進し肌をワントーン明るくする効果があるため。血行促進された肌は蓄積された老廃物やメラニンなどを排出し、新陳代謝も高めてくれるでしょう。

炎症抑制効果で黒ずみを解消

保湿と美白、2つの効果をWで実感できるだけでもすごいのに、ヒルドイドには黒ずみを解消する効果もあると言われています。なぜ黒ずみを改善してくれるのかというと、ヘパリン類似物質に炎症を抑制する効果があるからです。3つの美肌効果を同時に実感できるのですから、肌の状態を高めてくれるのも頷けます。

ただ気になるのが、「本当にデリケートゾーンの黒ずみを改善してくれるの?」という点です。前にも述べたように、ヒルドイドは処方される治療薬になるため、アトピー性皮膚炎のように極度の乾燥肌・敏感肌を治療するために用いられます。そのため、「美白にしたい」「黒ずみをキレイにしたい」といった美容目的で処方してもらうことはできないからです。
最近はドラッグストアでも販売されていますが、それでもデリケートゾーンに使用して良いのか、黒ずみは改善されるのか気になります。次では、デリケートゾーンへ使用する際の安全性について説明します。

ヒルドイドをデリケートゾーンへ使用しても安全なの?

保湿・美白・炎症抑制といった3つの効果を一度に実感できるヒルドイドですから、悩みの多い「デリケートゾーンの黒ずみ」にも効果があるのでは?といわれています。しかし何度も述べているとおり処方の治療薬ですから、本当にデリケートゾーンに使用しても良いのか不安に思っている方は少なくないでしょう。

結論から言いますと、「個人差」があります。それを言ってしまうと元も子もないのですが、そもそもデリケートゾーンの黒ずみは下着や炎症、ホルモンバランスの乱れなどが原因になるため、ヒルドイドだけではどうにもならない可能性が高いからです。もちろん多少の効果は実感できますが、どうしても個人差が出てしまうため、まったく効果を感じられない方もいます。

安全性については、やはりこちらも個人差があります。デリケートゾーンは皮膚が薄くとても敏感な場所です。ヒルドイドの成分が刺激になり、ヒリヒリするという報告も出ているからです。市販のものであれば成分が抑えられているので刺激は感じにくいかもしれませんが、もともとデリケートゾーンに使うものではありませんから、使用を考えている方は自分の肌としっかり相談することをおすすめします。当然ですが、粘膜部分への使用だけは絶対に避けてください。

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科のレーザーで治療できる?種類や口コミ紹介

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのヒルドイド入手方法

多少の効果であれば、デリケートゾーンにヒルドイドはおすすめであることが分かりました。そんなヒルドイドですが、市販はされているのでしょうか?

ヒルドイドは市販されているのか

すでに何度か紹介していますが、ヒルドイドは市販されています。マツモトキヨシなど大型店でも購入できるので、手軽に入手できるのは有り難いでしょう。
しかし、ドラッグストアなどで売っているヒルドイドは処方されているものとは成分が多少異なるため、黒ずみへの効果も半減されます。
それでも保湿・美白・炎症抑制は十分に実感できますから、「黒ずみ対策」「乾燥予防」「かゆみを抑える」には適しています。

では、ドラッグストアで購入できるヒルドイドはどんな商品がおすすめなのでしょうか?

ドラッグストアで購入する場合のおすすめのヒルドイド関連商品

ヒルドイドがドラッグストアでも購入できるということで、美容目的で使用される方が急増しています。なかでもデリケートゾーンの黒ずみに良いと注目されていますが、ひと口にドラッグストアで購入できるヒルドイドといってもさまざまです。
また、おすすめする商品は処方されているものとまったく同じ成分が配合されているわけではありませんので、それを踏まえたうえでチェックしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみは薬局やドラッグストアで市販の商品で解消可能?

ヒルセリンクリーム

パステルピンクとホワイトのパッケージが可愛いヒルセリンクリームは、マツモトキヨシで販売されています。ローションタイプとクリームタイプの2種類あり、「ヒルドイドに似ている」と話題を呼んでいます。「ヒルドイドは入っていないの?」と思う方もいると思いますが、ヒルドイドと同じヘパリン類似物質が配合されているので「似た効果」を実感できます。
サラッとした使用感で、ローションタイプはボディケアとしても使えます。無着色・無香料・アルコールフリーなのも嬉しいところです。またヘパリン類似物質だけでなくグリチルリチン酸ジカリウムも含まれているので、肌荒れも防いでくれます。
より効果を高めたいなら、ローションとクリームの重ね塗りがおすすめです。

ヒルメナイド油性クリーム

こちらもヒルメナイド類似商品で、2018年9月に発売されました。ヒルセリンクリーム/ローションと同じ「ヘパリン類似物質」を配合しており、ヒルドイドと同じような効果を実感することができます。
マツモトキヨシで販売されており、2019年6月には大容量サイズも販売され、ますます注目されています。ヘパリン類似物質は処方のものより少ないですが、高い保湿力と美白効果で、デリケートゾーンの黒ずみも改善してくれるでしょう。

処方箋なしでのヒルドイドの購入方法

基本的に、ヒルドイドはきちんと処方してもらう必要があります。しかし、なかには処方箋なしで購入できるところもあります。それが「零売薬局」です。
零売薬局とは分割販売とも呼ばれており、ここならヒルドイドも入手できると言われています。ただ全国どこにでもあるわけではないので、まだまだ店舗数は少ないでしょう。
ちなみに、セルフケア薬局も零売薬局になりますので、お近くに店舗があるかチェックしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみクリームおすすめランキング[原因と対策方法]

ヒルドイドの代用品?デリケートゾーンの黒ずみ改善商品はあるのか

ヒルドイドを入手するには処方箋が必要、処方箋が不要な場合でも零売薬局(セルフケア薬局)でしか入手できないため、特に理由もないのに処方してもらうことはできませんし、近くに店舗がない方には残念です。
そこでここでは、ヒルドイドの代用になる、デリケートゾーンの黒ずみ改善にぴったりな商品を紹介します。

さいきaローションとは?成分や効果

頑固な乾燥肌に強い「さいきaローション」は、ヒルドイドと同じヘパリン類似物質が配合されている高保湿のローションになります。ヒルセリンクリームやヒルメナイド油性クリームと似ていますが、さいきaローションの良いところは、「肌の奥にある細胞から改善してくれる」という点です。繰り返す乾燥肌も、内側からうるおいを与えてくれるのでカサカサ・ピリピリもしっかり治してくれるでしょう。また低刺激で優しい処方なので、デリケートゾーンにも安心して使うことができます。

同じヒルドイド類似商品でも、効果はそれぞれ異なります。さいきaローションは主に「ひどい肌荒れ」に効果的で、「治療ローション」と言われているだけあってデリケートゾーンの黒ずみにもしっかり効果を発揮してくれるでしょう。

ピアソンHPクリームとは?成分や効果

ヒルドイドの使用感と酷似していると言われているのが「ピアソンHPクリーム」です。ヒルドイド類似商品はたくさん出ていますが、そのなかでもよりヒルドイドに似ている商品ですので、「皮膚科に行くほどではない」という方は一度使ってみてはいかがでしょうか。ローションタイプとクリームタイプがありますが、ベタつきが気になるので使用する場所は気をつけたほうが良いかもしれません。もちろん、デリケートゾーンにも使用できます。

デリケートゾーンの黒ずみはニベアで改善できる?効果ありの人の共通項とは

おすすめの記事