最新の皮膚科のレーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみとサヨナラ!

デリケートゾーンの黒ずみという問題は、今や多くの女性の悩みの一つともなっています。そこで美容クリニックや医療機関の皮膚科の場合には、最新のレーザー機器を使って患部にレーザーを照射しながら黒ずみの原因ともなっているメラニン色素を破壊することで改善します。
その代わりデリケートゾーンの黒ずみが解消される期間については、個人差というものがあります。例えば期間が短い人もいれば、期間が長引くという人もいます。しかしながら、通販で取り寄せた美白クリームを塗りながらコツコツと自宅でケアする人に比べると、明らかに改善される速度が短いのも事実です。ここでは、美容クリニック等で今一番人気の高い最新レーザー治療について紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみに即効性の高いレーザー治療

デリケートゾーンの黒ずみの正体ですが、メラニン色素の沈着や古い角質の蓄積等が挙げられます。さらにその原因については、下着の締め付けや摩擦・アンダーヘアーの処理による皮膚への刺激・ホルモンバランスやターンオーバーの乱れなどによるものです。
そこでデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法ですが、美容クリニック等で行われているレーザー治療は最も効果が期待できます。もちろん1回で綺麗になるという保証はありませんが、何回か通いながらレーザー治療を行えば比較的短い期間で改善することができます。そういう意味では美白クリームを塗ったり、ターンオーバーの乱れを正常化するといった改善方法に比べると最も即効性の高い治療方法といえます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にはレーザーで各部位を縮小治療という手もある

美容クリニックや医療機関の皮膚科では、最新のレーザー機器を使ってデリケートゾーンの黒ずみの正体ともいえるメラニン色素を破壊するという治療法だけでなく、デリケートゾーンの中でもとくに黒ずみやすい大陰唇や小陰唇を縮小させるという治療方法も行われています。
例えば若い頃にはふっくらとハリがあった大陰唇が、加齢に伴ってハリがなくなってたるんでしまうと下着による摩擦が生じやすくなります。
あるいは小陰唇においても、加齢と共に蝶の羽根のように肥大化すると下着による摩擦が生じやすくなります。従ってレーザー機器で、こうした各部位の縮小手術を行います。しかも黒ずみ部分を切除するので、その後何回も通う必要はなく1回で終了します。

レーザートーニングはデリケートゾーンの黒ずみにどんな効果がある?

デリケートゾーンの黒ずみには、レーザー治療の中でもレーザートーニングとインティマレーザーとが最も有名です。中でもレーザートーニングは、かさぶたを作らない程度の弱い出力のレーザーを照射するためレーザー治療に抵抗のある人でも治療を受けやすいというメリットがあります。
またレーザーの出力が弱いためデリケートゾーンの黒ずみの治療だけでなく、顔や腕などにできた色素沈着等にも利用されます。
おまけに黒ずみ部分にダイレクトにレーザー照射するというよりも、黒ずみ部分全体を覆うようにレーザー照射するため他のレーザー治療よりも痛みを抑えることができます。その代わりレーザーパワーが弱いので、数回治療を受ける必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみ治療・PTPトーニング・レーザートーニングとの違い

美容クリニック等で行われているレーザー治療は、レーザートーニングと呼ばれるものでシミや色素沈着を改善することができます。その代わり従来の場合、真ん中部分だけが強く周辺に行くにしたがって弱くなるというちょうど山のような形状になっていました。
そのための大陰唇のように黒ずみが広範囲に及ぶと、周辺には効果がなくて中心部分の色素沈着だけが悪化するという矛盾が生じます。これは中高年齢層の女性に多くできる頬下の肝(かん)斑(ぱん)にも同様のことがいえます。
ところが最新のレーザー治療PTP (Photoacoustic Technology Pulse)トーニングでは、数回に分けてマイルドなレーザービームを深部まで到達させることができます。従って、レーザー照射時の痛みを感じることがありません。

インティマレーザーでデリケートゾーンの黒ずみ治療はできるのか?

従来なら膣の入口までしかレーザー治療ができませんでした。ところがインティマレーザーであれば、メスを使うことなく膣の奥深くまでムラなくレーザー治療が行えるというのが大きな特徴です。そのため膣のゆるみや尿漏れ等の改善も可能です。
もちろんそれだけではありません。レーザーの照射範囲を調整することで、気になるデリケートゾーンの黒ずみも解消することができます。とりわけレーザー照射に伴って発生する熱を精密にコントロールすることができるため、熱によるやけどや出血等のリスクはほとんどありません。
そういう意味では、様々なデリケートゾーンに関する女性の悩みを幅広く解決することができる画期的なレーザー治療であるといえます。

デリケートゾーンの黒ずみは薬局やドラッグストアで市販の商品で解消可能?

デリケートゾーンの黒ずみに皮膚科のレーザー治療紹介

デリケートゾーンの中でもIラインは、繊細な女性器のある部位でもあるので、レーザー治療を行う際にも熱によるやけどや出血等のリスクが危険視されます。それはちょうど顔のシミやそばかす・肝(かん)斑(ぱん)等の除去をレーザー治療で行う際にも同様です。そのため近年の美容クリニックでは、様々な最新式のレーザー機器を海外から取り寄せて患者のニーズに応える努力をしています。
例えば単にレーザービームを照射して黒ずみ部分を除去する治療から、レーザービームで黒ずみ部分を切除するといったメスを使わない施術など幅広い治療方法があります。ここではすでに紹介したレーザー治療方法以外の最新レーザー機器を導入した治療方法について詳しく紹介します。

メスを使わないウルトラ美白レーザーでデリケートゾーンの黒ずみ治療

ウルトラ美白レーザーは、メラニン色素にレーザーを照射してメラニン色素を破壊することでデリケートゾーンの黒ずみを除去する効果が期待できます。それと同時に、アレキサンドライトレーザーという755nm(ナノメートル)の波長とミドルパルスの相互作用によるレーザーを照射することで毛穴縮小や角質除去といった効果も期待できます。
施術可能な個所についてもデリケートゾーンだけでなく、ヒップや背中・肘・ヒザ・顔など黒ずみやシミなどが気になる体のあらゆる部位に対応することができます。
またその効果が大きい割にはレーザーを照射中に痛みが少なく、ダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)もほとんどありません。

ホワイトニングレーザーで気になるデリケートゾーンの黒ずみをホワイトニング

ホワイトニングレーザーは、皮膚科やクリニックによっては使用するレーザー機器が異なります。また中にはVホワイトニングレーザーという名称のレーザー治療を行っている皮膚科やクリニックもあります。このVホワイトニングレーザーは、通常の顔のシミを除去するレーザーとは違ってデリケートゾーン専用のパルス幅のレーザーを照射することで黒ずみを除去します。
何せデリケートゾーンのように分厚くなった角質や色素沈着した皮膚の状況というのは、顔の皮膚とは全く異なります。ただし、足の裏程の分厚い角質ではありません。そのため黒ずんだ部分を削り取るようなレーザー治療を施すことで、複雑な構造をした女性器の隅々まで黒ずみ除去の効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみ治療の際にダウンタイムの無いハイスペックレーザー・ジェネシス

近年皮膚科やクリニックでは、様々な海外製の最新レーザー機器を導入しています。ジェネシスもその一つで、最新の海外製ロングパルスレーザー機器でヤグレーザー機器の一種です。その代わり従来のヤグレーザーとは違って、デリケートゾーンの黒ずみや顔や腕・胸にできたシミやそばかすなどの除去も行うことができます。
しかも皮膚から1~2㎝程話してレーザーを照射するという、所謂中空間照射によって美肌効果も期待することができます。
従って一般的な高出力なレーザーを照射することがないことから、黒ずみやシミ・そばかすの除去だけでなく、コラーゲンの再生を促す作用があることからお肌にハリが出て小じわや毛穴の開き等も改善することができます。

デリケートゾーンの黒ずみなら短時間治療でOK・QスイッチYAG(ヤグ)レーザー

Qスイッチヤグレーザーは一部の美容クリニックに導入されており、デリケートゾーンの黒ずみやシミ・そばかす等の改善効果があります。とりわけ注目すべきなのは、532nm(ナノメートル)(KTPレーザー)と1064nm(ナノメートル)(YAGレーザー)という2種類のショートパルス(Qスイッチ)、及びロングパルスのレーザー機能といった多彩な機能を搭載しています。
従って従来のレーザー機器とは違って均一にレーザー照射ができるため、頬の部分によくできる肝斑(かんぱん)の治療にも効果が期待できます。またレーザー照射時には、軽くゴムをはじいた程度の痛みはあるものの麻酔をするほどの痛みではありません。そのため幅広い患者さんのニーズにも応えることができます。

ピコレーザーでデリケートゾーンの黒ずみを解消

ピコレーザーのピコとは、レーザー機器から照射されるレーザービームの時間の長さを表すピコ秒に由来しています。しかもこのピコ秒は、ナノ秒の1000分の1 の速さのため、今まで最速といわれていたナノ秒レーザー機器よりもはるかに速いレーザー照射が可能となります。
その上レーザー照射時間が早いということは、当然のことながらレーザービームを照射している時間も短いということになります。それによって、お肌へのダメージが圧倒的に少なくなります。
従ってデリケートゾーンの黒ずみやその他の部位のシミ・そばかす等に対する従来のクリニック等のトーニングについても、より早くなるだけでなくお肌にも優しいレーザー治療を受けることができます。

デリケートゾーンの黒ずみに効果の高いレーザー治療の口コミ情報

デリケートゾーンの黒ずみに対するレーザー治療というのは、通販で購入した美白クリームを塗るといったセルフケアとは違ってはるかに即効性があります。やはり皮膚科やクリニックでは、高度な医療知識を習得した医師が最新医療機器を使って治療を行うため素人が訳も分からずケアをしているのとは根本的に違います。
またすでに数多くの方々がレーザー治療を受けており、長い間悩んでいた黒ずみやシミ・そばかすが除去されたという口コミ情報がネットを検索していると掲載されています。
しかしながら中には治療費が予想外に高かったとか、通院期間が予想外であったといった悪い口コミがあるのも事実です。ここではそんな様々な口コミ情報をピックアップして紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみ・レーザー治療の良い口コミ

アンダーヘアーの脱毛をしたらデリケートゾーンの黒ずみが目立つようになったという方の場合、女性医師が施術してくれるというクリニックを選んでレーザー治療を受けたという口コミがあります。また施術後は、1週間程ヒリヒリする程度の痛みがあったものの黒ずみが除去されたのが何よりもうれしいといった口コミ情報も掲載されています。施術後の痛みについては、使用するレーザー機器によって多少の差はあります。従って中には、施術後も全くダウンタイムがなかったので日常生活にも影響がなかったという方もあります。
また年々最新のレーザー治療機器を導入しているクリニックも多いので、公式ホームページ等で調べた上で治療を受けるというのがオススメです。

デリケートゾーンの黒ずみ・レーザー治療の悪い口コミ

デリケートゾーンの黒ずみに対するレーザー治療の悪い口コミの中には、男性医師が施術するクリニックに行って恥ずかしい思いをしたとか、1回で終わるかと思ったら何回も通わないといけないハメになって費用が割高になったといった方が多くいらっしゃいます。
やはり施術する医師が男性なのか女性なのかは、公式ホームページや事前カウンセリングの際に十分に確認しておく必要があるでしょうね。
またデリケートゾーンの黒ずみやその他の部位に対するレーザー治療は、後遺症が起こらないように弱いレーザービームを照射するクリニックがほとんどです。そのため1回で終わるハズはなく、1か月に1回とか2回の割合で数回通わないといけません。

デリケートゾーンの黒ずみのレーザー治療の際にはカウンセリングでお悩み相談

デリケートゾーンの黒ずみをクリニックや皮膚科で治療する際には、事前にカウンセリングを受けるというのが一般的です。このカウンセリング時に、レーザー治療時の痛みの程度やダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)等について十分に相談しておく必要があります。
また費用に関しては、1回で改善されるということはないのでその後何回か通うことになります。従って1回あたりの費用から改善されるまでの費用等を事前に確認しておくことも大切です。
それから大陰唇や小陰唇が肥大している方の場合には、例え黒ずみを除去できたとしても下着による摩擦が起きやすいため再発する可能性があります。やはりそんな方の場合には、切除手術の検討も必要です。
 

デリケートゾーンの黒ずみに有効なレーザー治療の注意点

美容クリニック等でデリケートゾーンの黒ずみを治療するという場合には、美白クリーム等による施術もありますがすぐに効果が期待できるというものではありません。そのため効果の即効性を期待するのであれば、どうしてもレーザー治療を選択せざるを得なくなります。また、女性医師が施術するというクリニックばかりではありません。中には、男性医師が施術するというクリニックもあります。
しかもレーザー治療の場合、治療にかかる費用もバカになりません。従って美容クリニック等でレーザー治療を受けるのであれば、ある程度の予算を見積もっておく必要があります。ちなみに1回あたり1万円~2万円程度の予算が必要ですし、数回に分けて通う必要があります。

レーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみ解消後のアフターケア

レーザー治療は、美白クリームによる美白ケアとは違ってデリケートゾーンの黒ずみ除去に対する即効性があります。もちろん1回で黒ずみが除去されるということはありませんが、何回かに分けてレーザー治療を施すと明らかに黒ずみが除去されていきます。
しかしながら例え黒ずみが除去されたとはいっても、その後のアフターケアを忘れてはいけません。やはり今まで通りの締め付けの強い小さな下着を身に付けていると、いずれは下着による締め付けや摩擦によって黒ずみが再発してしまいます。
あるいはお風呂でのデリケートゾーンの洗い方においても同様です。ゴシゴシと強くこするようにして洗っていると、いずれは黒ずみが再発してしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみはニベアで改善できる?効果ありの人の共通項とは
デリケートゾーンの黒ずみは薬局やドラッグストアで市販の商品で解消可能?
デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドが効果的?成分や代用品を紹介

おすすめの記事